スマートフォンに乗り換える魅力とは TOP

このサイトについて

携帯電話の普及率は2013年には既に1500万以上の契約数となり、日本の人口を超え、一人1台以上の普及率となっています。驚くべき数字ですね。じゃあ、赤ちゃんからお年寄りまで持っているのかって?...実はそうではなく、一人で2台持っておられる方がいるのです。実際にはビジネス用とプライベート用に分けられ、使い分けている方も多いのです。そのビジネス用はほとんどが会社名義で契約をするという法人用携帯電話になります。会社の営業マンなどがその携帯を持ち、取引先とかの連絡用として利用されています。

この他にも実は携帯電話として登録されているものがあるのです。数年前からブームとなり、各家庭に普及したフォトビジョンです。このフォトビジョンはデジカメやスマートフォンなどで撮影した画像をフォトビジョンで見られるというものです。多くの画像をスライド形式などで楽しめるのですね。このフォトビジョンにメール通信機能を持たせ、遠くにいるおじいちゃんへメールで画像を送り、孫の写真がすぐに見られるという機能です。携帯電話のネットワークを利用しているので、携帯電話としてカウントされています。

また、最近では家族の安心を確認するための見守りケータイも普及しています。小さいお子様や高齢の家族に持たせることで、家族の居場所が分かったり、メールが届くシステムになっており、防犯を兼ねたブザーで居場所を家族に知らせるような機能がついており、最近の世情を反映してか人気となっているようです。最近ではスマートフォンの普及とともに今までの携帯電話を持たれている方が他社へ乗り換える際に、そのようなタイプの携帯電話を一緒に購入されるケースも増えてきています。
単なる携帯電話に留まらず、そのネットワークを利用した新しいカタチの通信機能を持ったアイテムもその普及の後押しをしているようですね。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    コストの削減効果が実感できない場合、サービス解約にかかる費用を全額負担してもらえるおとくラインのキャンペーンを考えているなら、コスト削減に自信をもっているサービスなので安心して利用することが出来ます。
    ビジネスグループ内の通話料が無料に、ビジネスグループ外への通話料も回線数に応じて割引されるホワイト法人を考えているなら、1,000円(税抜)/回線の無料通信料付きで、余った分は社員間で分けることが出来るのでオススメです。
    住んでいる地域が提供エリアかどうかや、宅内配線の工事手配とその費用についてなど、おとくラインへ質問を考えているなら、様々な内容が記載されているので、すぐに問題が解決出来てオススメです。
    中継電話会社を使わない直収回線なので基本料金が安く抑えられる固定電話から無料通話が出来るサービスを探しているなら、一般電話に加入する際に必要な電話加入権(36,000円税抜)が不要なのでオススメです。
    Copyright(C) スマートフォンに乗り換える魅力とは All Rights Reserved.